読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を生きやすくするためのコミュニケーション〜『伝え方は9割』セミナーを受けて〜

先週、『伝え方が9割』の佐々木圭一さんのセミナーを受講しました。

著書がたくさんでていますので、細かいノウハウは本を読んでみてください。そもそも僕もこの時点では、失礼ながら著書を読んでいなくて、これから細かいことを学んでいきたいです。その程度のくせに、このエントリーを書いたのは、セミナーで感じた伝え方を学ぶ目的、何故伝え方を学ぶかの姿勢に思うことがあったからです。

 

佐々木氏の「伝え方」のエッセンス

セミナーでの伝え方のエッセンスを自分なりにまとめると、『「伝え方」とは才能ではなく、技術である。誰でも方法論を覚えて訓練すれば、相手からのNOをYESに変えられる可能性が高まる。』です。*1

また伝え方の技術の基本的な考え方は、「押し付け」ではなく、「相手がやりたいように」伝えること。そのステップは、

 ①自分の頭にあることを言葉にしない。
 ②相手の頭の中を想像する。
 ③相手とメリットが一致するようにお願いをする。
  (②③はとてもむずかしいけど、①を理解するだけでも大きい人は多いかも)

なぜ『伝え方』を鍛える必要があるか

本セミナーはより具体的なノウハウに入りましたが、そもそも「伝える」技術を鍛えて、相手のYESをとりやすくすることが何故必要なのか、というところが気になりました。

結論が「自分を生きやすい環境に作り変えるため」だということ。自分が生きやすくするための一つの技術が「伝える」技術と言えます。自分を生きやすくするには、相手に自分のことを言葉として伝え、理解してもらうことが大事です。では、何を考えなければいいのか?が課題になります。

相手に伝えるために必要なことを大きく分類するなら

 ①伝えることは何か(主眼)
 ②伝えたいことを伝える方法はどうするか(構成)→本セミナーの本論

 ③伝える時の言葉遣い(マナー・敬語)


本セミナーはこの分類では②にあたります。今回、①②③の考察はしませんが、このプロセスを意識して、個々のうまくいかないところを改善ができるところはないか?と思うことが自分を生きやすくする思考だと思います。


最近、「察する」という言葉がSNSで飛び交っていますが、基本的に自分のことを伝えられていないのであれば、理解は困難だと思います。自分が相手にしてもらいたい振る舞いは、まずこちらから伝えようとして可能性が発生するものだという前提が必要だと思います。その前提がなく、相手を責めても、理解してくれるはずだった人まで失くすだけではないでしょうか。


相手が何も理解していないのが悪いと思う前に「本当に私は、自分のことを理解してもらう方法をとっていたのか?」と思えるようにしていきたい、自戒しつつ締めます。

*1:これは言外に、伝え方は、相手からYESを引き出す可能性をあくまで高めるための技術で、「伝えるという行為を数多くこなすこと、どうしても失敗がつきものである」という心理面でまず覚悟しておかねばならないものがあると感じました。

ルーズな糖質<意識>ダイエットのマイルール

大前提:シンプルにする

  • できそうもなかったことはしません。そもそも僕はADHD診断受けているような人間ですから、ガチガチのルールはたぶん実行できませんし、無理もしません。
  • 糖質を制限するのではなく、糖質を食べていると意識するスローダイエットです。

目標を持つ

  • 脂肪量を11-12kg落とします。筋肉は落とさない。
  • 蛇足
    • 中学時代10kg落としたことがあるんですが、巨乳女子に「痩せたらかっこいいのに」と真に受けて、本気で痩せました。そういう不順な動機もあっていいんです。*1

量る・記録する

  • 道具は体重・体脂肪計と、それを記録するスマホアプリ。連動したらいいですよね。高いので買いませんが。
  • アプリにリマインダーがついているので、決まった時間に毎日図って記録します。

意識する

  • 炭水化物は意識して食べる
    • 糖質摂取を0になんてできるわけがないじゃないですかー。とにかく炭水化物は食べていることを意識する。昼に炭水化物なんて食べちゃってるわーと思ったら、夜減らすとかね。
  • 炭水化物は、昼食べて、夜食べない(課題あり)
    • さっきも言ったじゃん。まぁいいじゃない。昼はある程度炭水化物摂取は致し方がない。夕飯はちょっとだけにする。
    • 夜食べないことの課題

      • ただ夜中お腹すくんですよね…朝まで耐えるために寝逃げする根性でやっていますけど、こうならない夕飯の食べ方が知りたい。

意識しない

  • 人と外食するときは、炭水化物を食べたくないという意識が強すぎると社会性に傷がつく可能性ありますよね。
  • ただ、ある程度自分で食べる場所決められるなら、普通の居酒屋がいいですよね。炭水化物以外のレパートリーにすればいいから。

特殊なお話(ADHD

  • コンサータを飲みだしてから食欲が落ちました。副次的な効果でしかないけれども、暴飲暴食は避けられるようになりましたね。


そんな感じですね。2か月で3kgぐらいは落ちてます。そんな感じでがんばらずにがんばります。

*1:※今の裏動機なんて言いません。あと今は巨乳派というわけではないです。

統計学をやりなおす宣言

目標設定 目標設定

ブログやりたいとかいいながら、続けられないもんで。

前々から「統計学の基礎固めをしたい」と思いつつ気が散り散漫な学習を断片的にしてきた後悔が最近きている。何の気なしに購入した『経済数学の直観的方法 確率・統計編』がわかりやすかったので、再起を図るために本エントリーを宣言と、目標設定にしたい。

動機

前職のデータ分析職をしていたが、統計学についてふれることは少なく、基礎学習が曖昧であった。今後も今までの延長となる職の希望しているので、鍛えていきたい。そういう意味では、理論だけではなく、分析に当たる上での姿勢も重要だと感じる。

当面の課題図書

1:経済数学の直観的方法 確率・統計編 (ブルーバックス)

目的:理論イメージの確立(率じゃない)

直近で、再学習の動機となった1冊。

イメージが説明できるようになるまで読み返す。


2:統計学のための数学教室

目的:数理面での統計学のやりなおし

高校数学から見直したいと思った時に目に入った。

少しずつ数学に慣れて、解析学線型代数の学習に入りたい。


3:実践としての統計学

目的:活用面での統計学(アカデミックより)

数理面での学習の前に、活用するための統計学をしっかりイメージを作っておく。

 

4:データ解析の実務プロセス入門

目的:活用面での統計学(実務より)

再読。以前、第3章「良きデータ」に感銘を受けたので、

もう一度読み返し、今後の指針にしたい。

続きを読む

嫉妬のマネージメント

問題提起

発達障害の“成功例”の栗原類君に対して、嫉妬だけで終わってしまいそうな人をTwitterかなり見ました。もちろん誰も栗原類にはなれないんだろうけど、「その嫉妬をもっとうまく使えば、今後の人生をベターにはできるのにもったいない」と思ったのが一連のTweetのきっかけです。

そこから、アンガーマネジメントという言葉に絡めて、嫉妬はコントロールできるのかという問題に。僕の考えは、嫉妬をある程度コントロールするには挫折経験が必要なんではないかということ。成功者から転落していった野球の清原和博を、極端な例に挙げています。

 

 

たぬきテスト

テストテスト

 

ADHDの人の週更新予定のブログです。

 

 

テストテスト